読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママチャリいじりと自転車屋根の部屋

自転車屋根とママチャリお手軽カスタムを呟くオヤヂのBlog

≪自転車用の雨よけカバーdryve≫ハンドルを交換した裏のワケ・・・。

さて、ハンドルをプロムナードバーに変更しましたが裏のワケもあります。それは画像を見ていただければ一目瞭然。

f:id:fmv6700t4:20160427235708j:plain

カゴにdryveが押し込まれてるんです。赤丸の部分が接触して生地が擦れているんです。勿論ですがこれで運転すれば段差のショックが伝わって差し込み棒が抜けやすくなります。

f:id:fmv6700t4:20160427235709j:plain

と言うわけでハンドルを交換するとdryveの位置が上がりました。ちなみに赤丸の部分がカゴに接触していた部分。もう破れてるんです。

f:id:fmv6700t4:20160427235710j:plain

右側も。こちらも接触した部分が破れてしまってます。この破れにはショックです。これは何れ「補修パッチ(シール型)」で補修する予定です。一応これで何度か運転をしておりますが差込棒が抜けにくくなったような気がします。またカゴに接触する部分がないので精神的にとても楽になりました。あと、抜けやすい場合は前か後のどちらかの接合部の位置を少しあげることをすれば「なんとかなるのでは?」と思えるようになりました。リアボックスをカゴに交換するなり、取っ手を接合するなり、何らかの手法を取ろうかと思います。ではまた。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp