電動ママチャリと屋根付き自転車コロポックル研究所in茨木

自転車雨よけカバーとママチャリお手軽カスタムを呟くオヤヂのBlog

≪雨でも平気?屋根付き自転車≫ギャラクシーノーマルの雨プレ&dryveと比べて

f:id:fmv6700t4:20170623153154j:plain

ギャラクシー(ノーマルグレード)を購入後、空梅雨が続く。ようやく21日に雨が来る。20日深夜から雨が降るので野外放置。

AM08:00

出発。行き先は近場。雷が怖いので遠出はなし。軽く自宅周辺を一周。頭の雨は防げるのだが前述から言っているとおり、dryveに比べて幅が両側コブシ1つ分づつ狭いので腕への防雨が出来ない。またdryve同様に幅が同じでもスクリーン取り付け位置がハンドルより前方のカゴの為に横から入る確率は高い。バイザーをしてもどうかわからない。

・ブラックノーマルタイプは日傘

説明がないので黒いモデルを欲するのが当たり前だが、基本的には「日傘」だと言う事は言ってほしかった。これより前の雨の時に同様に野外放置したがブラックノーマルモデルは屋根に雨が染み渡り雨漏りをしまくっていた。dryveより酷く。購入前の説明時に日傘と掲載が欲しかった。そうすると私の選択肢はこのモデルではなく、上位モデルになっていた。

・ノーマルモデルは雨傘

同じように21日は深夜から雨が降り出した頃からずっと放置。裏生地を触ってみると少々湿った感触があるが雨漏りをすると言う危険性は感じなかった。雨が1日中ではなかったので何処まで耐久性があるか試せなかったが半日は大丈夫のようだ。

・dryveは生地が薄い

同じような感じで試したがdryveはずっと雨に晒すとブラックノーマルモデルのように雨が染み出る。

AM08:30

このままでは腕がずぶ濡れになるので仕方がなカッパを上だけ羽織ることにする。自転車屋根は頭が濡れずに済むのが利点。ブラックノーマルのように雨漏りをして顔に雨粒が当たるのは論外。外は格好の大雨。信号待ちで様子を見ると腕の辺りが雨でぐっしょり濡れている。カッパを着ているので大丈夫だが剥き出しの手はずぶ濡れ。軽く羽織れる合羽があると便利そう。

・dryveの場合

屋根部分が染みやすいので背部は背中に密着させてはいけない。十分離した所に接続しないとお漏らしをしたのではと思ってしまうほど濡れてしまう。だが、dryveはギャラクシーに比べて両側の幅が10センチほど広くて全部接続部がハンドルに近いので手首などが濡れる事はない。

AM09:15

軽くモーニングを済ませて再び出発。視認性に関してはdryveに比べては格段に良好。特筆すべきはスクリーンより下部ビニール面。dryveは小さく纏める仕組みなのでビニール部がしわになり、シワが残った状態で視認性がかなり悪い。丸いスクリーンから前方を覗くという形で安全性に難がある。特に下部分の視野が悪い。それに比べてギャラクシーのビニールはシワがないので視野が高い。ぐるぐる回り雨を堪能してから茨木童子の前で記念撮影をしてから帰宅した。

・ノーマルモデルタイプはバイザーがないので合羽の上は必要

・スクリーンの視認性は問題ない

・スクリーンより下部ビニール部の透明度が素晴らしい

・雨目的ならばブラックノーマルモデルではなく、ノーマルモデルを

乗ってみて思った事はこんな所だろうか?やはり上位モデルを選ばなかったことが相当後悔している。雨合羽を着ないで済むのがベストであるから。続いては屋根の位置変更に関して記載しようと思う。ではまた。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪注目の屋根付き自転車コロポックル≫ギャラクシー「ノーマルキット」と「ブラックノーマルキット」の違いとは?

さて、ベースモデル「ギャラクシーノーマルキット」と「ブラックノーマルキット」の違いは何だろうか?

f:id:fmv6700t4:20170528011440j:plain

小生の当初モデルは「ブラックノーマルキット」。

f:id:fmv6700t4:20170620234834j:plain

で、これが「ノーマルキット」です。

違いは簡単。屋根の生地の種類。もっと解り易くいうと「雨傘」(ノーマルキット)と「撥水加工された日傘」(ブラックノーマル)の違い。その違いは雨の日に半日置いておくとハッキリわかります。その為、購入する際は「雨」なのか「日除け」なのか主たる目的をはっきり持って購入しましょう。

ではまた。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪電動アシスト自転車≫カスタムオプション装備集

≪装備①≫BBB サドル BBB ソフトシェイプ メモリーフォーム ブラック BSD-24

f:id:fmv6700t4:20170526031040j:plain

≪装備②≫MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-220-S] Sサイズ 22mm~29mm 

f:id:fmv6700t4:20170526031042j:plain

≪装備③≫リア用ステンレスワイヤーカゴ

f:id:fmv6700t4:20170526031041j:plain

≪装備④≫HL-EL461RC VOLT400(ボルト400) USB充電式ヘッドライト 明るさ:400ルーメン

f:id:fmv6700t4:20170526031043j:plain

≪装備⑤≫BRIDGESTONE BM-ST1(A510140CP)バックミラー

f:id:fmv6700t4:20170621001430j:plain

≪装備⑥≫CATEYE TL-LD630 ラピッド3 テールライト[CBA-1]

f:id:fmv6700t4:20170518011807j:plain

≪装備⑦≫CATEYE CC-MC200W-BK

f:id:fmv6700t4:20170518011809j:plain

≪装備⑧≫傘ホルダー

f:id:fmv6700t4:20170620234837j:plain

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪突然の雨も大丈夫!!自転車屋根コロポックル≫ギャラクシーにサイドバイザーを付けてみた。

前述していたが小生のモデルは廉価モデルでサイドバイザーがなく困っている。本家に「お問い合わせ」をしたが後付けのバイザーはないとの事(涙)。こんな事なら1つ高いグレードを買うべきだった。

f:id:fmv6700t4:20170604020725j:plain

ということでこんな事してみました。バイザー付いてます。車用のをフレームに取り付けてみました。

f:id:fmv6700t4:20170604020726j:plain

内部から見た感じ。フレームにゴムを噛まして挟んでみました。固定は出来ましたが布に密着するので当て布をしてみました。

で感想はと言うと・・・まぁまぁ。悪くない。直射日光も当たらないし、横からの雨も少しは防げますが手の部分が防げてないので雨と日光にやられます。また折りたたみで収納できるので便利だったんですが。暫く走行を続けて一度取り外して確認してみたらゴム板が穴が空いてました。失敗です。惜しかった。残念。

【実験結果】失敗。

暫くは合羽の上を羽織る必要になりそうです。ではまた。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪自転車の屋根≫雨よけシールド「コロポックル」に関してQ&Aをしてみた。

問1:ハンドルの切れは?

f:id:fmv6700t4:20170501150436j:plain

画像のようにハンドル接続&稼動域がある後部接続のdryveに対して前カゴ&キャリア取り付けで稼動域がないコロポックルはハンドルの切れ角は2/3から半減気味になります。その影響は2m以下の歩道をUターンで苦労を強いられる程度で通常運転に支障が発生しない角度以上はハンドルは曲げれますのでほとんどの走行で問題があることはありません。むしろ注意すべきは後部パイプ付近。曲がる事に支障がきたさないので躊躇いなく曲がると後を巻き込む可能性があります。

問2:自転車屋根を付けたら重いのか?

正確に測っていませんが重さは感じられません。ただ、dryveに比べると横に曲がったり車線変更的な動きをすると屋根が僅か動くのでそこで重力を感じる事が稀にあると思います。急というモノは避けて走行した方が良いでしょう。

問3:横風や横からの雨に対しては?

f:id:fmv6700t4:20170530130613j:plain

横からの風は通り抜けますが斜め横からは避けれません。バイザーがあると効果が少々あると思いますがないグレードは影響があると思います。大雨時に手が濡れると本家Q&Aでも記載がありますが廉価グレードにバイザーが付いてませんのでdryveと違いハンドルを握る手の部分は前面スクリーンの外にあり覆われていませんので真正面から雨に濡れます。足も濡れやすいようになってます。廉価グレードは今の所本家ではバイザーの追加販売をしていません。パーツとして売っているのは小屋根があるグレードタイプのバイザーなので。廉価グレードはカッパか手の部分だけ守る何かを用意する必要性があります。今から購入する方は廉価グレードではなくバイザーが付いているグレードから検討する事を絶対にオススメします。

問4:真夏の暑いときに運転できるのか?

廉価グレードの場合は真昼間の方がオススメです。理由は簡単でバイザーがないから。太陽が真上にある時間帯なら一重の屋根でも日陰となり、真正面はバイザー上に太陽光が来るので日除けとしては問題ありません。ただ、バイザーがない廉価グレードは太陽が昇る頃や沈む頃の角度の低い時間帯が弱点です。

問5:高さの調整や取り外しやパーツの交換は?

高さの調整は前カゴ・キャリアに接合した取り付け部のリングと塩ビ製上下リングを上げ下げする事によって出来ます。が、フレームが塩ビ製なのでそう何度も何度も装着を繰り返すことは出来ないと思います。また高さ調整は上げたい時はフレームパイプの穴を下げる事により上げる事が出来ます。下げたい時は穴を上げるとルーフは下がります。

f:id:fmv6700t4:20170530130613j:plain

ただ、両方上まで上げると前面スクリーンが角度立った状態になり、画像のように不恰好になってしまいます。私なりですが「前0:後2下げ」が良いかなと思います。太陽の光が真正面で見た時にバイザーで防げるのが理想的な位置となるかと思います。パーツについては本家Q&Aどおり簡単に外れます。部品は確かにホームセンターで買えそうな物ですが初心者が出来そうなものは前カゴに接合した部品のみです。その他の部品は本家から発注となります。

問6:転倒しても大丈夫?何時まで使えるの?

転倒していないので解りません。dryveで転倒する場所というのが大体解っていたのでそういう所に止めない様にしていたので。何時まで使えるのという点では400キロ以上走行しておりますがフレームに支障をきたした事はありません。ビニール部分は前カゴや後カゴに接触する部分がすれて黒ずんでしまいます。前面スクリーン部はバイザーと重なっている部分が弱点です。段差で常に接触を繰り返して直線状の傷をつけ続けます。期間的に交換となるのは「前・後ビニール」「前面スクリーン」です。

問7:前からの空気抵抗や風は?

f:id:fmv6700t4:20170526031048j:plain

本家Q&Aでは恐らく前面スクリーンとバイザーの隙間の事を風を吸い込む機能と仰っていると思いますが・・・確かに風は抜けています。立て付けの問題がありますが。凄く撓り顔に密着しそうになるdryveとは違い、少々撓る程度です。スクリーンも顔から十分距離がありますので少し撓る程度なので顔に密着する事はありません。空気抵抗を感じないかと言うとある程度強ければ感じます。また自転車の種類によっても感じ方は違います。電動アシストでない場合は空気抵抗はもっと感じるでしょう。

問8:効果的には?

基本的には雨から顔を守ると言うのが趣旨です。私が購入したのもそれです。眼鏡が必須な小生にとって雨の日に傘無しではどうする事もできない。カッパでは体は守れても顔は守れないので何処にも出掛けられません。黄砂など色々な季節モノ、羽虫など、花粉などから顔を守ると言う効果はあります。

問9:電動アシストか普通自転車か?

f:id:fmv6700t4:20160519002104j:plain

dryveは重たくないのでママチャリでも良いのですがコロポックル製は電動アシスト自転車専用と考えた方が良いです。空気抵抗は何時発生するかわかりませんし、重さもdryveに比べると重た目に感じられるコロポックルは電動アシストがあった方が安全に運転できます。

問10:自転車屋根の価値観と価格

正直に言うと廉価版グレードは選ぶべきでない。時間帯を問わずオールシーズン使えるグレードはサイドバイザーが付いている40000円以上するグレードです。

屋根付き自転車、自転車の屋根パーツ部品  ギャラクシー後カゴS 49800円

屋根付き自転車になるアクセサリー部品パーツ  シャドーXUK 48900円

2~3人乗り マタニティ 子育て 子供のせ自転車に雨除け日よけグッズ用品 屋根 アクセサリー   ブラックリムジンノーマル 39900円

ココぐらいからチョイスすると小屋根とサイドバイザーが付いているので横からの日除けと雨などからの手の防備もしてくれます。価値判断をするならばこれらのグレードを選んでからすべきだと思います。

さて、10個に答えてみました。購入の参考になればと思います。ではまた。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪突然の雨も日差しもOK!?自転車屋根≫400キロ走破したコロポックルの感想。

・通算400キロ突破したコロポックル

f:id:fmv6700t4:20170526031046j:plain

ざっと装着してから400キロ走破した。枚方や高槻や彩都や吹田や山田などをうろつき回った結果。電動アシスト自転車単体で言うと2400キロを走破。最大で1日で30キロも走り回ってしまっていた。

・真っ先に言うと雨の機会が全然なかった(涙)

f:id:fmv6700t4:20170530130613j:plain

装着する前は雨の日が結構あったのにコロポックルを買ってからは雨が避けていく。雨予報があっても雨降らない。最悪の場合は雨予報が晴れに変わる。これだけ雨を求めているのに降らない。雨を避けるための自転車屋根なのかと思ってしまう。

・バイザーの作りを再考して欲しい!!

f:id:fmv6700t4:20170518011810j:plain

上部バイザーが日除け加工と空気抵抗の為の空気抜きになっているが・・・これが五月蝿い。前面スクリーンとバイザーの重なった部分がバタバタと動く。画像はゴムを交換して大きなものを入れているが5ミリ程度の小さな破片的なゴムを3つ噛ました形。運転しているとズレ落ちるし元に戻そうと手を使ってしまいサンバイザー部分を傷つけてしまいショックを受ける。鬱陶しくなってゴム片を引き抜くと更にバイザー部分とスクリーンがぶつかり合い傷が生まれる。本来は画像のようなゴムにネジ止めをしてバイザーがバタつかないように固定するのが必要。是非とも改良して欲しい。またスクリーンとかをただ填め込んでいるだけなので接合部を樹脂などによる隙間を埋める必要もある。処理をしてないので洗剤などが入り込み後で大変。こういう面倒だが細かい処理もして欲しかった。あと前面スクリーンのお陰で羽虫は防げるがバイザーとの間に挟まれて掃除しにくい点も改良して欲しい所。

・後ろの部分の感覚が難しい

f:id:fmv6700t4:20170429013531j:plain

運転をしていて難しい点は1つだけ。キャリア接合部の突起。従来型と違いカゴ取り付けタイプでないので少々幅広となり人とぶつかる事はないが90度で曲がろうとするとちょうど良い高さのガードレールなどの道路にある構造物にぶつけてしまう。気持ち大回りを心掛けないといけない。なのでこの器具に関して鉄剥き出しは少々危険なので何らかの処理をして欲しい。

・音対策を考えて欲しい!!

f:id:fmv6700t4:20170429012745j:plain

買ったままの状態で運転は厳しい。塩ビの撓る音は慣れるが塩ビパイプ同士の擦れる音が気持ち悪い。特に電動アシストは静か状態からなので最悪な状態に突き落とされる。

f:id:fmv6700t4:20170518011807j:plain

このように水道用パッキンを挟む事によって防ぐことが出来るが本来はユーザーが態々やる事ではない。3・4万円出して買った商品なのでこういう細かい処理もきちんとして欲しい。多分これは上級グレードも同じだろうと思う。間に噛ませるゴムブッシュの部品を添付する改良が必要。

・前面スクリーンの幅が狭い

f:id:fmv6700t4:20170526031048j:plain

雨が降る機会が少ないうえに雨量も少なかったので気づきにくかったが前の自転車屋根に比べて実は幅が狭い。その為に手や腕に雨で濡れる。初めは「この程度だろう・・・」と思っていたが一回だけ多く雨が降った時にタップリ濡れた時にようやく幅が狭く腕ら辺の防備が出来ていない事に気づいた。元からサイドバイザーが必須であってベースモデルでも取り付けないと頭や顔は防げるが腕は防げない。追加パーツで何とかなるか解らない点も困る。アフターパーツが大雑把に書かれているので「お問い合わせ」しなければいけないし、恐らくだがサイドバイザー用の穴は空いていないので空ける必要がある。こういう点も考えて欲しい。当分は上のカッパかポンチョは着る必要性があるようだ。

・アフターパーツを考慮した設計を

上でも述べたがベースモデルはアフターパーツによってグレードをあげることが出来るか不明。必要なことがわかったサイドバイザーもそれように空いている穴はフレームにはない。また上級グレードの二重屋根も嵌める穴と思われる穴はベースモデルにはない。アマ○ンではないがこのグレードを購入する際に「こういうパーツもありますよ」という紹介が必要。その為にフレームも後足しで上級グレードに格上げできるように処理しておくことも必要だったと思う。いきなり8万や12万のモデルには手を出せない。その点を考えて欲しかった。

・400キロ走っても一応破綻はない

f:id:fmv6700t4:20170528011440j:plain

色々走り回り、ガタガタ道なども走ったがフレームなどに破綻はなく、ネジに関しても緩んでいる感覚はなかった。ビニール部分はカゴに密着する部分は黒ずんでしまっているが破れるなどはない。屋根の部分も一応日陰に置いているので1ヶ月経過するがまだ劣化はしていない。

・走りの面

ハンドルの切れに関しては半減程度させられているが自転車を運転する必要な切れは維持出来ていて安全に運転できる。スクリーンも夜のライトの逆光もキツクなく安全に走行できる。また下部のビニール部分はシワもなく綺麗なので道路状況も見ることが出来るので問題はない。ただ、段差でのバタつきはちょっとキツメ。緩衝的な良いアイデア考えて欲しい所。

全体的には400キロ走破しても故障箇所もないで問題はないと思うが細かい点で色々と改良点が露になってる。今後はバイザーの追加を考えていきたい。ではまた。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪突然の雨も大丈夫!?コロポックル≫ギャラクシーのグレードの違いとは?

f:id:fmv6700t4:20170528011440j:plain

小生が使っているのは「マタニティから子育て育児、自転車のアクセサリー 、電動アシスト、普通 自転車の屋根 雨除け日よけ  ブラック ノーマルキット」34500円のグレード。さて、上級モデルとの違いは何かについて綴ってみました。

・サイドバイザー

49800円からの上級モデルに装着されている。小生のモデルは真上から防ぐのみですので手首から上を雨などから守る為に装備されています。これがないとdryveよりシールドの幅が狭くハンドルを握る腕の部分が全く守られていません。またこれがないと厚みがないので外見の印象的にも薄っぺらい感じもあります。

・サイド上部に小屋根

小生のモデルはサイドの印象も薄い。49800円から5万円以上の上級モデルは小屋根を標準としており、横からの雨や日差しをバイザー代わりにする為に装着されている。これがないと小生のモデルのように両腕は雨で濡れて晴れの日は日差しが直撃する結果となる。またイメージ的にも小生のモデルは物足りない印象でスカスカ感があるが上級モデルはそれを防いでいる。

・後部サイドバイザー

8万円クラスの上級モデル以上に装着されるモノ。後は後ろかごの中身を防ぐと言う意味なのでカゴにかける袋でも代用できるので必要性があるかどうかは使ってみないとわからない。

・大屋根の枚数

ベースモデルは小生の様に1枚組のタイプ。価格が高いグレードになると小屋根と大屋根の二枚重ねとなっている。太陽の光を遮る能力が低くはないがベースモデルは横の小屋根がないので見た目もノッペラで差し込む太陽の光も少々遮る事も出来ない。

・オススメモデルは?

価格と万能に使いたいなら「屋根付き自転車、自転車の屋根パーツ部品 ギャラクシー後カゴS」(49800円)です。豪勢にと考えるならこれより1つ上のモデル「自転車のアクセサリー用品、雨除け日よけパーツ用品 ギャラクシーUV後カゴ」(56800円)。これ以上高いモデルは費用対効果が解りにくい。おそらく試乗車があり体験をすれば必要性が理解できるが・・・どこにもないのが辛い。大阪ならば色んな自転車屋においてもらう営業をした方が良いと思うんですけどね。カッパの上だけ着る覚悟があるなら小生と同じ廉価モデル「マタニティから子育て育児、自転車のアクセサリー 、電動アシスト、普通 自転車の屋根 雨除け日よけ ブラック ノーマルキット」がいいでしょう。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp