読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママチャリいじりと自転車屋根の部屋

自転車屋根とママチャリお手軽カスタムを呟くオヤヂのBlog

≪ライト≫スリムバッテリーライト HL-SP1を買う。

f:id:fmv6700t4:20160228115309j:plain

2013/09/12 正気に戻ったかどうかは解りませんが(恐らくは物欲)、「ライトステーステム取付用+SKL083K」を取り外してました。物欲は偉大です。どうかしていたことを修正までしてくれます。やはり「もちは餅屋」と言う言葉のとおり、ポジションライトを欲しければ普通にポジションライトを買えと言うことです。そこでまた候補をネットから探し出しました。

キャットアイ「HL-EL540」「HL-EL340」「HL-EL135」

・ジェントス「AX-002MG」「AX-001MG」

ブリヂストン「スリムバッテリーライト HL-SP1」

上記から考えました。まぁパナソニック製も候補にあったのですが今回は見送り。「HL-EL540」「HL-EL340」「AX-002MG」「AX-001MG」が一応有力な候補にしたいのですが・・・ハンドル幅が少し狭く場所がない。いつの間にかスマホ取り付け器具も加えてしまっていたのでハンドル上はパンパンです。その他のメーカーもあったのだが「半押し」って曖昧な操作方法のモノが多数あり運転中支障があるのでこちらも選考漏れとした。自然と「HL-EL135(キャットアイ)」「スリムバッテリーライト HL-SP1(ブリヂストン)」の2候補になってしまいました。そこからはデザインで「スリムバッテリーライト HL-SP1(ブリヂストン)」に決めました。早速密林にてポチっと注文。すぐに届きます。仕事が速いのは良い事です。取り付けは至って簡単。簡単かつ強固そうに見えます。キャッツ・・・もといキャットアイ製も簡単ですが筆者的には装着方法は「HL-SP1」の方が好きです。あのベルトはハサミで切りにくいほど硬いです。それはそれで良いことなのですが。ニッパーが必須です。「HL-SP1」は名前どおり取り付けもスマートで良かったです。

総合評価:★★★★★(5点)

・単三電池1本という効率が良いコストパフォーマンス

サイズもスマートですが電力もスマートです。単三電池1本で済みます。好輝度LED1灯400カンデラ・点灯:25時間、点滅80時間、前照灯約15時間使えます。前照灯としては400カンデラと低いので使えないですが点滅としては使えます。信号停車時や対向車に対しては十分解り易いかと思います。

・置き場所がスマートが良い

やっぱり名前どおりスマートが素晴らしい。ハンドル上がゴチャゴチャして混雑状態の私のハンドルにはピッタリでした。

・電池の交換もしやすい

電池の交換がし易いのも好印象でした。回すだけで交換できるので良いです。

・ボタンの押しやすさ

操作が簡単です。半押しや二度押しなど面倒な操作がなく簡単なのが良かったです。 

≪長期使用後≫

f:id:fmv6700t4:20160303013200j:plain

「HL-SP1」は結構気に入って2年近く使い続けました。性能落ちなどは一切なかったですが偶にボタンを強く押しすぎて接続器具から外れてカゴに落ちる事もありました。それとLEDを覆う透明部分が時間経過により上記の画像のように濁ってしまいました。手入れをすれば綺麗にはなると思うのですがちょっと早いかなと気がします。再びライト(物欲)病が発生したのでここで御役御免となりました。