読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電動ママチャリと屋根付き自転車コロポックル研究所in茨木

自転車雨よけカバーとママチャリお手軽カスタムを呟くオヤヂのBlog

≪お洒落な日よけ雨よけ自転車屋根≫異音対策④ゴムパッキンを噛まして見た。後編

f:id:fmv6700t4:20170504232455j:plain

一応の成功を見たゴムパッキン。なのでゴムリングとゴムパッキンを新たに購入。前後左右の器具に噛ましてみました。

f:id:fmv6700t4:20170504232451j:plain

まずは前左側。下のネジ穴をひとつずらして上に1枚と下に5枚を噛ましました。

f:id:fmv6700t4:20170504232452j:plain

次に前右側。同じように下部のネジ穴をひとつずらしてゴムパッキンを複数噛まして処理をしました。

f:id:fmv6700t4:20170504232454j:plain

今度は後部左側。上部にゴムリングとゴムパッキン。

f:id:fmv6700t4:20170504232453j:plain

最後は後部右側。上部にゴムリングが入ったが下部は隙間無し。

ゴムパッキンの一通りの処理をしてみました。これで走行テスト。ねじれる事により接合部から発していたキシミ音が消えた。効果は抜群だった。ただ見た目が少々悪いのでゴムリングかもう少しサイズの小さめのゴムパッキンを投入してみようかと思う。ではまた次回に。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪雨でも平気!!コロポックル≫異音対策③ゴムパッキンを使ってみた。

異音に心が折れそうになりながらコー○ンに行ってきました。何がいいかと見ていると「やっぱり材料はここら辺で集めたんだな・・・」と思ってしまいます。

f:id:fmv6700t4:20170504232455j:plain

それで買ってきたのが「ゴムパッキン」です。まずは4枚。念のために大き目を選びましたが18サイズでも大丈夫かもしれない。

f:id:fmv6700t4:20170504232459j:plain

これを前後左右の下部に1枚づつ噛ませてみました。で走行してみました。感想からするとまずは成功。2割から3割減らせたかも。本当に対策をするには上下両方に入れたい。ただ、隙間が少ないのでどうしようかと・・・。さて小生はどうしたのか?では次回にて。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪雨でも平気!!自転車屋根コロポックル≫異音対策②ドライバーで締めてみた。

f:id:fmv6700t4:20170429012745j:plain

ドライバーを手に取りました。一番手短な対策です。ネジ締めです。自分で締めたネジ以外の場所が意外にも多くあるので締め増しをしてみました。

結果は・・・微妙。

心なしか異音の音量が減った程度だろうか。だが、キィキィという音はなくならない。気休め程度減った程度なので仕方がない。キィキィ音の元凶を叩くしかない。仕方がないので近場のコー○ンに行くことにした。では次回にて。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪自転車用雨よけカバーコロポックル≫異音対策①キシミ音を探る

f:id:fmv6700t4:20170425003411j:plain

さて、ファーストコンタクトを果たしたコロポックル。ですが音が凄い。静かだった電動アシスト自転車の良い所を瞬殺してます。走行しながら異音の箇所を探ってみました所、色んな箇所から聞こえてきました。

異音箇所①前カゴ接合部

f:id:fmv6700t4:20170504232459j:plain

ハンドルを曲げると塩ビがキシミ音を奏でます。もちろんですが段差でも大きな音が発生します。

異音箇所②キャリア接合部

f:id:fmv6700t4:20170504232458j:plain

前カゴ接合部から異音が出るのですから後も黄色丸の部分で同じような事になります。キィキィと言う音を奏でます。

異音箇所③前面スクリーン

f:id:fmv6700t4:20170504232457j:plain

黄色丸の部分だけでなく塩ビパイプに挿入填め込んだ場所やパイプの接合部などから異音が出て来ます。

異音箇所④前面スクリーンの役目がわからないゴム部品

f:id:fmv6700t4:20170504232456j:plain

これが挟まっているお陰で異音が出ている。

さて、確認してみると色んな箇所から色んな理由がでの異音があった。前面スクリーンをはめ込んでいる部分は手に負えないようだ。まずは手っ取り早い対策をまずやってみようかと思いドライバーを手にしてみた。対策についてはまた次の機会に。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪自転車用の雨よけカバー≫大阪産コロポックル「ギャラクシー」(新型)ファーストコンタクト

さて、取り付けたコロポックル「ギャラクシー」ですが試乗してみました。残念ながら雨が降っておらず晴天です。

f:id:fmv6700t4:20170429012745j:plain

まー五月蝿い。前回ブログで書きましたが。繋ぎ目などからキシミ音、段差での音、静かに走れる時間帯が少ない。またビニール部分を固定していないので風でバタついてもう鬱陶しい。すぐに戻って大クリップで固定しました。

f:id:fmv6700t4:20170501150436j:plain

ハンドルの曲がりに関しては半減ではないが2/3程度にはなります。走行に関してのハンドルの切れは支障はありませんがUターンは大きめなら出来ますが小さ目は少々難しいです。ハンドルの切れに差が出るのは骨格の造りの差です。コロポックルは固めに作ってしまっているのでネジル余裕がありません。カゴ等の前後接合部に稼動域を作ってあげるともう少しハンドルに余裕が出るかもしれません。dryve同様に曲げようと思うなら必要ですが運転に支障をきたさないので必要性は低いでしょう。

f:id:fmv6700t4:20170501145232j:plain

色々と坂など登ったりしましたが重たさより影響があったのは風圧でしょうか。平らなので風をもろに受けます。dryveは撓る事によってどうにかしようとする努力はありましたがコロポックルはガチンコで風とぶつかり合います。下のカバーを前後外すと風圧は緩くなると思いますが・・・。dryveは普通の自転車でも大丈夫ですが風圧で考えるとコロポックルは電動アシスト専用と思います。横からの風は防げませんが正面からの風や羽虫などは防いでくれます。

f:id:fmv6700t4:20170430002216j:plain

太陽の光はサンシェードと大屋根の黒で防いでくれて暑さも少しは和らぎます。ただ、この作りが問題。ゴムの何かを噛ましているがこれが何の意味があるのか。開いた間に虫が入りました。それにこの部分からもキシミ音が出ます。外した方が良い感じがするのですが補助製品としてこれ売ってると言う事は外したらダメと言う事。なんでポリカ一面だけで私は良いです。上のサンシェードは文句アリアリですが下のポリカ窓は出来は良いです。dryveはポリカ部分が狭く後の部分はシワが多いビニール部分で見難い。それに対してコロポックルは開発者が息を荒くして自信満々に言われるだけあって確かに良い出来でした。異音対策のゴムを挟むのを忘れてますが・・・。本当にこれらの処理ができていなかったのが残念です。夜の運転ではdryveのように対向ライトの逆光が強く感じず安心して運転できました。

f:id:fmv6700t4:20170425003411j:plain

最初の試運転は色々と課題が解ったような気がします。まずは異音・キシミ音対策を行っていこうかと思います。雨降ってくれないかなぁ・・・。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪自転車専用雨よけシールド≫スイス製dryveか?大阪製コロポックルか?④静寂性

【dryveの場合】

f:id:fmv6700t4:20160407002732j:plain

・カイトサーフで使用されている丈夫な素材でキシミ音はない

・柔らかな素材なのでハンドルを曲げても気になる音はない

コロポックルの場合】

f:id:fmv6700t4:20170429014225j:plain

・塩ビパイプのつなぎ目が多くギシギシ音が鳴る

f:id:fmv6700t4:20170429014331j:plain

・前面スクリーンを填め込んでいるがゴムなどを入れてないので音が鳴る

f:id:fmv6700t4:20170425001230j:plain

・上下にゴムパッキンを入れていないのでココからもキシミ音がする

言うまでもないが工場で作ったか?DIYで作ったか?という差である。総合的な出来は良くないがdryveは工場生産的な出来なのでキシミ音などの異音は皆無である。使えるかどうかを不問にすると精神衛生上も気にする音もなく一時は"使える”と思ってしまう。それに対してコロポックル「ギャラクシー」は骨格だけならDIY中級者なら一台買ったら素材を用立てて二台目を作れてしまう品物である。塩ビパイプ製なので。買ったままの状態で運転するとキシミ音が凄すぎる。段差がある所でも音が凄く正直精神衛生上宜しくない。ある程度の対処法は後日詳しく書くがゴムパッキンが必要となる。これだけでも段差によるキシミ音などは4・5割程度削減できる。だが、前面スクリーンを嵌めている所や各所塩ビパイプの繋ぎ目の処理が出来ていないのでこれらの音の削減はユーザーでは不可能である。前面スクリーンは車のガラスを考えたらゴムが入っていないのが異常である。その他キシミ音はユーザーからのアンケートをとっていないのが原因だ。今まで売ってきたユーザーにアンケートをとっていればこれらキシミ音の処理は解決できているはずだからだ。素人の小生でさえゴムパッキンを入れたら少し解決できると思いつくのでその点は残念でならない。次のモデルでは各所に緩衝ゴムを挟んだバージョンを出して欲しい。と言う事で静寂性でもdryveと言う事になった。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp

≪自転車雨よけカバー≫スイス製dryveか?それとも大阪産コロポックルか?③ハンドルの切れ角

【dryveの場合】

f:id:fmv6700t4:20160316233622j:plain

・材質の性質によりハンドルの切れ角は制約はあまりない

・ハンドル部接続もマジックテープなので抜けやすいが切れ角は犠牲にならない

f:id:fmv6700t4:20160316234013j:plain

・後部も軽く固定しているだけなので撓るのでハンドルの切れを妨げない

f:id:fmv6700t4:20160324003619j:plain

・抜け気味になるので他の部分が切れ角を補うのでこの部分はボルト留も良いかも

コロポックルの場合】ギャラクシー型

f:id:fmv6700t4:20170501150436j:plain

・固定型なので運転に支障はないが画像程度までなら左右気軽に曲がる

・Uターンは大きなUターンは出来るが小さなUターンは切り返しになる

両者はコンセプトの違いと素材の違いと接合部の違いによりハンドルの切れ角に差がはっきり出ます。ハンドルの切れ角だけで言うとdryveにはコロポックルは敵いません。コロポックルは前後を固定している上にフレームも塩ビパイプなので仕方がありません。ではコロポックルで問題があるかと言うと上の写真程度曲がりますので通常の運転には一切支障がありません。ただ言ったとおりUターンだけは小さめは無理です。細い歩道ではUターンは出来ないです。切り返しというよりオシリを持ち上げて回転させる方が安全で手っ取り早くなります。dryveはその点ではフレームが撓り、後部接続部も動くのでハンドルの切れ角が犠牲になりません。細い歩道でもUターンは可能でした。両者を比べると今回「ハンドル切れ角」はdryveが勝利となります。

shaftdrive-cycle.hatenablog.jp